sakanaction

幻想的な世界へ【白波トップウォーター】

英斗

こんにちは。英斗です。
今回はサカナクションの【白波トップウォーター】について独自に分析・解説していきます。手元に音源がある方は当楽曲を聴きながら読んでください

【白波トップウォーター】ってなに?

【白波トップウォーター】は現在のバンドメンバーである五人(山口一郎・岩寺基晴・草刈愛美・岡崎英美・江島啓一〈敬称略〉)になって初めて制作された楽曲。

収録アルバムは 「GO TO THE FUTURE」・「魚図鑑」。

 ♫ 白波トップウォーター MV

全体構成から分析

全体構成は
AメローサビーAメロー間奏ーサビ となっており

BPMは125程度でありながら、メロディラインでのびのびとした幻想的な世界観を表現している。

歌詞から分析

では、歌詞に注目してみよう。

悲しい夜の中で踊って泣いてたろ
街の灯りが眩しくて 眩しくて
通り過ぎて行く人が 立ち止まってる僕を見て
何も知らないくせに笑うんだ 笑うんだ

スパンコールな波際で
浮かび続けるんだフローター
上の空で漂う
誘惑 罠全てがぐるぐる回り続けてるんだ
悲しい夜が明ける

押さえてた僕の儚い想いは水際
曇りガラスの先はいつも悲しいんだ

スパンコールな波際で
浮かび続けるんだフローター
上の空で漂う
誘惑 罠全てがぐるぐる回り続けてるんだ
悲しい夜が明ける

http://j-lyric.net/

スパンコール
〜そもそもスパンコールとはなんだろう。
スパンコールは”光を反射させるために使用する服飾資材で、穴の空いた金属やプラスチックの小片のこと”(wikipediaより)のことである。

スパンコール 
出典:http://shineart.jp/

光を乱反射するスパンコール。スパンコールな波際の情景が非常に美しいことがわかる。

フローター
二つの意味が掛けられてるのではないだろうか。

①フローター(釣り用語)
水面上を移動するために使われるフローターはまさに簡易版の小舟。
バス釣りで多用されるようだ。

②Floater(英語) 放浪者

なるほど。奥が深い。
一見釣りの楽しい情景かと思いきや、悲観的な側面も帯びている。

光があるなら影がある。考えさせられる一曲だ。

誘惑 罠 
釣り糸についた魚の餌が水面で漂っている光景を連想させる。

極めて個人的な見解になるが YOU AQUA と聴きとることもできる。
サカナクションならではの水中の世界観を最大限発揮するために、意図的に母音を散りばめたのだろうか?

メロディ・細部の構成から分析

岡崎氏のシンセサイザーが奏でるメロディがなければ、このような幻想的な世界観は再現できない。

それだけではない。
水底があるから水面があるのである。

そのように
草刈氏のベースラインは低い位置で全体のバランスを整えている。

それだけだろうか?
いや違う。

先ほど歌詞にスパンコールが出てきた。
岩寺氏の各所に散りばめられたギターの音色。
まさにスパンコール。

江島氏のビートは、光の乱反射が起こる屈折点そのものではないか。
なんとも幻想的である。

歌詞に説得力を持たせるメロディライン。
当楽曲の計り知れない魅力の理由はここにあったのだ。

総合分析

まとめ

一音一音に迫るように分析したが、いかがだっただろうか。

サカナクションの音楽にこんな美しい曲があるなんて...

あなた

サカナクションの楽曲は本当に奥が深い。
一見抽象的に見えるが、それがまさに 誘惑 罠 といったところだろうか...

ココがポイント

光の部分だけでなく影の部分も暗示

歌詞に説得力を持たせるメロディの美しさ

とにかく幻想的!!

 

ココも要チェック!!

    収録CD

白波トップウォーター MV

-sakanaction

© 2021 Action Life